こども園の目標

こども園の目標

教育・保育の考え方と展望

こども園は、子どもの健全な心身の発達をはかり、子どもの最善の利益を考慮し、その福祉を積極的に増進することに最もふさわしい生活の場でなければならないと考えています。また、今日の少子化対策や次世代育成というグローバルな社会的課題を具体化していく社会的使命があります。そこで、家庭や地域の様々な社会資源との連携を図りながら、子育て中のすべての保護者に対する支援に取り組みます。
 

【子育て支援の取り組み】
・育児相談、指導
・世代間交流
・異年齢児交流
・園庭開放
・育児講座
・こども園卒園児との交流
 
これらの延長線上に「地域における子育ての拠点」としての役割を果し、事業を通じて「子育て支援拠点事業」を実施されている公立の幼児教育機関との連携を図りながら地域子育てを担っていきたいと考えています。 
健全な次世代育成、子育ての社会化、共生するコミュニティづくりの為、あらゆる角度から子育て支援をめざしています。
今日の社会情勢から来る多様な就労形態を支援し、利用者主体の考えに基づき、子ども、保護者、地域のニーズを受け止め、「子育ては親育て」をモットーに保護者の心のケア、人間らしい生活を援助する多様な保育サービスの提供しています。
 
【各種保育サービス】
・特別支援教育保育
・乳児保育
・延長保育
・早朝保育
・一時預り保育
など
 
地域にとけこみ、地域ぐるみでの子育て支援ができる運営をめざしています。また、異世代交流(地域の高齢者施設・高齢者クラブ、中学生・高校生の職場体験学習等)や地域交流(地域自治会・子ども会・地域子育てサークル等)と様々な組織や機関との触れあいの場として、地域の子育て家庭への支援等、共生するコミュニティの一員としての役割を果たしていきます。
 


教育・保育目標と具体内容について

こども園教育・保育は、子どもが現在を最も良く生き、望ましい未来を作り出す力の基礎を培えるよう、養護と教育が一体となって、健康で豊かな人間性を持った子どもを育成する事を特性としています。堺のこども園が大切にしてきた、人権保育をその基本におき、教育・保育目標及び教育・保育内容については、養護と教育の両面から「遊ぶこと」「寝ること」「食べること」を通して、教育・保育のねらいが達成されるように配慮することが大切と考えます。
 

  1. ひとり一人のありのままの姿を受け止め、個性を大切にし、自尊感情を育む教育・保育を行う。
  2. 性別による固定的なとらえ方や役割分業をせず、ジェンダー意識を持ち、名前はその人自身、人格そのものであるので、尊重した呼び方をする。
  3. 豊かな自然とのふれあいや、仲間との生活を通じて、健康な心と身体づくり。
  4. 全職員が、子ども全員の顔と名前を知っているアットホームな園生活で、健康的な生活リズムを作り、愛と信頼・思いやり・道徳心を培う。
  5. 障がいをもつ子どもや外国籍の子ども、異年齢の子ども、職員やまわりの大人との関わりを大切にし、愛と信頼・思いやり・道徳観を培う。
  6. こども園給食を通じて、食育を推進し、食を営む力を養う。
  7. 友だちとの遊びや年間の行事・栽培活動・クッキングなどの実体験に子どもが主体的に取り組む経験で、感性や好奇心、探求心、思考力を養い学びの基礎を培う。
  8. ひとり一人の”気付き”に共感し、思いを安心して伝え合える関係の中で、豊かな言葉、コミュニケーション力を養う。
  9. 音楽や絵画製作、ごっこ遊び等を通して豊かな感性と表現力、想像力を養う。
  10. 子どもの最善の利益を考慮し、信頼関係を培えるよう丁寧な保護者支援に取り組む。

社会福祉法人 堺あかり会
西陶器こども園

〒599-8246 大阪府堺市中区田園951
TEL:072-239-8060
FAX:072-290-7584
西陶器こども園分園
〒599-8246 大阪府堺市中区田園980-6
TEL:072-237-2525
FAX:072-237-5050